台湾で食い倒れ

我が家の旅行は、「郷に入れば郷に従え」
台湾でも、地元の人が並んでいるところを狙って食べて来ました。

初日、台北駅からSPOMODEに直行。
会場入りしたは良いけど、お腹空いて(笑)いきなり食堂へ。

言葉は通じなかったので、指差しで魯肉飯(豚肉の甘辛煮をかけたご飯)らしき物を2つ頼んだはずが、何故か私は鶏バージョンでした(笑)
付け合わせが薄味で美味しく、鶏もジューシーで思わず「旨っ!」と声が出ました。
セルフで使える調味料の、白酢が美味しかったのも感動的でした。

夜は疲れ果てていたので、ホテル近くの艋舺夜市(華西街夜市/広州街夜市/梧州街夜市)へ

台湾名物、胡椒餅。
胡椒が聞いた豚まんを焼いた感じ?アツアツの肉汁タップリで火傷しました(笑)


こちらも屋台ですが、イートインスペースは現地の人でパンパンになっていた、スープ屋さん?
色々食べたかったので、二人で1人前にしたのを後悔したほどの美味しさ!
豚骨と大根をじっくり炊いたスープは薄味だけど、うまみタップリ。
卵チャーハンも素朴ですが、油濃さもなく美味しかった。
ワイルドなのは、骨をテーブルに直放置という(笑)
しわしわのおばあちゃんも、豪快に召し上がっていました。

屋台の中で群を抜く長蛇の列に思わず並んでしまった葱抓餅
葱を混ぜ込んだ小麦粉を薄く焼いて、たまり醤油のようなソースとチリソースを塗った、台湾風お好み焼きです。
これが私的にドハマりで、3日とも食べてしまいました(笑)
しかも写真撮り忘れてるし💦

二日目の朝はガイドブックで調べた、現地の人に人気というお粥屋さんへ

肉粥は注文するという前提らしく、追加だけ聞かれました。
豚肉のフライのような物を、ちょっと脂っぽかったけど、生姜とタレが美味しい(笑)
肉粥はあっさり優しい味。朝ごはんにはぴったりです。

ランチは、書局のすぐ近くの路地に入り込んで、行列の出来ていたラーメン屋さん。
おばちゃんの一押し!ワンタンメン。ですが、写真撮り忘れ。
美味しかったけど、私には量が多すぎて。
ワンタンだけで良かったな。と思うのですが、言葉が出来ないから仕方ない。


食後は近くのお店で、総合豆花
豆腐の上に、色々なものをトッピングして、かき氷とシロップをかけた物。
優しい甘さですが、あんこ男のツボにはまった様子。

夜は台湾在住のユーチューバーの方のご紹介で、饒河街観光夜市近くで小籠包

持ち込み可能ということで、セブンイレブンで台湾のクラフトビールを。
青缶はピルスナーっぽい感じ、赤缶はエールビールかな?
私は赤が好きでした。
そして、肝心の小籠包

上海で食べたのが脂っぽくて、中華は日本で食べた方が美味しいと思っていたのですが、これは皮が滅茶苦茶薄くて、葱がたっぷり入っていて最高でした!
夜市で食べられなくなるから。と2人で1皿(5個)にしたのに、あまりの美味しさに追加(笑)
結局一人10個食べてしまい、夜市で後悔する事になりました(笑)


饒河街観光夜市はお寺の並び。
このお寺のライトアップと相まって、良い雰囲気でした。
が!!お腹いっぱい過ぎて何も食べられず(笑)


最後の最後で、カニのから揚げ?を4人で1つシェア(笑)
これが滅茶苦茶甘くて美味しかった。もっと食べたかった。。。
もう一つ、牡蛎のオムレツが食べたかったんですけどね。
どうにも入らなくて( ノД`)シクシク…次回のお楽しみです。

最終日の朝は、鹹豆漿(豆乳スープ)のお店へ

持ち帰りは20人近い行列ですが、イートインはガラガラ(笑)
スマホで写真を見せて、指で数を示して何とか注文


左側は、厚めの葱無し葱抓餅(笑)に卵焼きと揚げパンを挟んだもの。
揚げパンは要らない気がする。。。
右側が豆乳スープ。ラー油と葱、ザーサイで味がつけられていて、揚げパンが浮いています。
素朴だけど、油もしっかり入っていて腹持ちは良いし、美味しいし、前日のお粥よりこっちだなぁ~

お昼は汁無し麺を。これも写真撮り忘れ。
ほぼ具無しなんだけど?と思ったら、セルフサービスの調味料のなかに、肉みそがありました。
各店舗でかけ放題のラー油が美味しくて、買いたかったんだけど手ごろなサイズが無く断念。
仕方なく?帰国してすぐ、自作しました(笑)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)