10数年もの

大学入学後に酷いアトピーになった私。
今から思えば、質の悪い調味料を使ったり、コンビニ弁当やチェーン店の食事など、化学物質を沢山身体に入れていたのが原因でしょうが、当時はわけもわからず、色々試しました。
結局、身体を天然塩のみで洗うというのが私には合い、1ヶ月ほどでアトピーは治ったのですが、シャンプーやボディーソープが合わなくなり、手作り石鹸にはまっていた時期がありました。
自分の好きな油に苛性ソーダを入れるだけの石鹸ですが、市販では抜かれてしまうグリセリンが石鹸内に残っているので、しっとりとした洗い上がりで、使うオイルで個性が全く違うのが面白くて。
そのうち肌が安定して、市販品でもトラブルが出なくなり、やめてしまいましたが、髪にコシが無くなったと感じたのをきっかけに、3年前からまた石鹸生活にもどりました。
といっても、東南アジアではナチュラルな石鹸がお土産品として売られているので、お客様から頂いたり自分で買ったりしています。

今、一番のお気に入りはベトナムのスパで売られている石鹸
ちょっと柔らかめの手作り感たっぷり(笑)
洗い上がりも、自分で作っていたときのようで、最高です。

先日、断捨離中に昔作った石鹸が出てきました!

妹が出産した時に、マカダミアナッツオイルで赤ちゃん用石鹸を作った残り。
約15年もの!!
グリセリンが表面にビッシリ結晶化して、見た目は・・・
捨てようかと思ったのですが、もったいない精神で使ってみたら~

いやぁ~、信じられない位素晴らしいんです。
泡立ちの細かさ、洗い上がりの優しさ・・・人生最高の石鹸でした。
3個見つかって、今日から最後の1個。名残惜しい~
思わす石鹸作り復活しようかしらと思ったほどですが、これは長期熟成が良かったような気がするので、また15年は待てないし。。。
でも、やっぱり手をかけるって意味があるんですね。
手作り石鹸、自分では暇が無くても、最近では結構目にする機会があるかと思います。
もし、機会あれば、ぜひぜひお試しください。
目からうろこですよ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)