後悔先に立たず

12年前、マンション購入と同時に買い足した家具は、通りかかった家具屋さんで一目ぼれしたオーク。
ナチュラルカラーでなく、ウォルナットっぽい少しくすんだカラー。
元々アンティーク調のダークブラウン系が好きだった私。
ダークブラウン系は何を買っても大抵選べるカラーなのに、この色は同じ色探すのは難しいかも。
一瞬考えました(多分)が、一重ぼれとはそんなことでは気持ちが変わるわけもなく(笑)

ダイニングテーブルセット・本棚それに、オーダーでキッチンカウンターの下に飾り棚を購入。
清水の舞台から飛び降りた位の贅沢品でした。
特にテーブルは毎日触れる感触が素晴らしく、「少しずつお金貯めて揃えて行きたい!」と思っていました。
特に本棚は「オークの良さに触れて欲しい」というオーナーさんの心意気で、オークにしてはお手軽価格。
もう一つ欲しいと思いながら、いつの間にか12年。
「そのうち、そのうち」と思っていると、買えないものですね。
最近はソファーも欲しくて、あんこ男をどう説得しようか密かに悩んでました。

先日突然「閉店のおしらせ」ハガキが届いてびっくり!
老舗のお店ってずうっとあるものだというのは、客の勝手な思い込みですね。
在庫品の値引きセールをするとあり、売り切れる前に!と思って焦るも、なぜか7連勤という謎なスケジュールを立ててしまっていて行けず(泣)
先日、閉店間際にやっと伺ったのですが時すでに遅し。
ほぼ全ての商品に成約済の札が付いていました。
お店の看板まで欲しいという方がいて、外されたそう。
どおりでお店の雰囲気が違ったわけだ。。。

閉店の理由は、奥様の看護に伴う転居と、作り手不足。
閉店セールでも在庫限りは、作り手不足から。
日本だけでなく、イタリアでも作り手がいなくて製品が入らなくなっているのだそうです。
ああ、欲しいと思ったらなぜ即行動しなかったのか。。。
後悔してもどうにもなりません。

最後に、「装飾品をプレゼントしてる。」と言われ、クマさんのついた小さなグラスを頂いてきました。
何も買わずに、頂き物だけして帰ってきてしまった。。。

作って頂いた飾り棚に飾って、大事にします。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)