違いの判らない男は本物だった

アトピーが出なくなったとはいえ、肌が過敏なのは残っている私。
化粧品でもちょこっとトラブルが起きる事があり、えんじ色は大好きなのですがカブレてしまいます。
そのため、アイシャドウも微妙に色を選びます。

先日、久しぶりにグリーン系のアイシャドウを買いました。
ライトグリーン、モスグリーン、ブラウンにカラフルラメ入りの3色。
手持ちのパープル系と合わせてウキウキ使ってみたら・・・痒い😨😨😨

グリーン系は一番好きな色。
ここがカブレると大変面倒なんですけど。どうしよう。
どの色が痒いのか、ばらけて使いながら人体実験。
の最中に、今まで我慢していたけど見過ごせない点が・・・
「ブラシが痛い。」
思えば20年前、メイクさんお勧めのブラシ一式を買って使い続けてけど、いい加減寿命か?
ブラシの使い方を気を付けて、極力刺激しないようにそぉっとお化粧したら、全色なんともない。
ブラシにも寿命、あるよね。。。

思い切って、以前から気になっていた白鳳堂のブラシを購入!
近年、どこのメーカーも合成毛になって来ているのに、未だに天然毛。しかも毛先を切らない筆。
それぞれの用途が様々な毛で作られていて、どこから手を付けて良いの~~~

嬉しい悲鳴を上げつつ、特に刺激感の強くなっている、チーク・アイシャドウ用の筆を購入しました。
早速届いた筆は・・・気持ち良い~~♡♡♡

思わずあんこ男に「すごく気持ち良いよぉ~」と顔を撫でたら、きょとん。
「そうなの?」と冷めた返事。
これは他のブラシと比較しないからだと、元々使っていた筆と比べさせたら、むしろ元々のが良いと。
うそでしょ、こんなにチクチク感があるのに😨

常々「違いが判らない男」と言っていましたが、本当なのね。
それとも私が自己暗示にかかっているの???
それでも良い!白鳳堂の筆。素晴らしいです。
買って良かった♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)