フエ旅④

相変わらず、帰国すると更新しなくなるという・・・(笑)
フエの旅行記もこれで最後。

レース後、洗車&シャワーを済ませたあんこ男「ここからはkakoの時間」と言ってくれたのはびっくり。
私、結局ずうっと自分のやりたいようにしてましたけどね。

まずは初日から行きたくてたどり着けていないナイトマーケットへ
デートスポットだとか、お洒落な雑貨がそろうとか結構良い事書かれてたけど、うーん。。。
日曜の夜はお休みが多いのかな?閑散としてるし、よくわからない。


ライトアップされた橋は綺麗で、確かに地元の若い人たちがいっぱい繰り出してはいました。
まぁ、こんなもんか。と撤収して、夕食何食べる?
フエはしじみが名物らしいのですが、しじみご飯は朝食で、夜はしじみ炒めらしい。
だったらお酒出すところかな?と、ビヤホール的な所に入ってみました。


空心菜炒め
クルンとなった白いのは豚の皮で、歯触りが良いアクセントです。
一番底に大きな青唐辛子が入っていて、間違えて齧るというアクシデント!
やってまったぁ~。


エビのから揚げチリソース
これがちょっと写真のイメージと違って、がっかりしていたあんこ男。
でも食べたら絶品!しかもたっぷりで、エビでお腹いっぱいになるという贅沢な経験をしました。


ムール貝のバター蒸
結局しじみには出会えず(笑)でも、ムール貝はしじみより好き♪だから、良し!
ライムタップリ絞って、タップリナッツとバター味って初めてだけど美味しかった。

ちょうど食べ終える頃にスコール襲来。
今夜に限って傘を持っていなかったので、お店で時間つぶしさせて頂きましたが、本場のスコールは凄いね。
ホントにバケツひっくり返した雨。1時間ほどで小降りになったタイミングを見逃さずホテルへ。
近くのマッサージに行こうとしたらまたも降り出したので、いったん部屋へ。
と思ったら、あんこ男が寝落ちしてしまったのでそのまま就寝。

2日目からちょっと緩めだったお腹が、この夜ピークに。
トイレ何往復したかわからないくらい(笑)
あとは帰国するだけだし、絶食して様子見したので、最終日の食べ物写真は無し。
まぁ、東南アジアを旅行するなら、避けては通れないリスクでしょう。
お土産を買いに、初日に行ったスーパーを往復し、最後はもちろんマッサージ!!

今回は2カ所行ったのですが、最後に行ったホテル近くのマッサージは上手だった。
店構えも立派で少し高級感あふれてたけど、ベトナムだったら行ける(笑)
マッサージも日本式、ベトナム式、タイ式・・・種類がいっぱいあって、私は日本式、あんこ男はベトナム式をチョイス。
結果…同じマッサージでした(笑)あんこ男は無駄に2万ドン払ったことになります。
まぁ、上手だったしチップ払うし良いか。

逆に初日に行ったマッサージは最悪でした。
私の担当はまだ普通だったんだけど、あんこ男の担当は見てわかるへタップリ。
正直、これで金取るか?レベルで、終始私の担当が指示出してた感じ。
挙句、終わってからチップよこせと。言葉通じないとわざわざ携帯でグーグル使って交渉。
まったく渡さなかったわけではないのです。お釣りをチップにしてと渡したら、少ないと。
「こんなお金は凄く小さい。」だって。失礼しちゃうわ。
あまりにしつこいので「下手糞なマッサージに払えるか。嫌ならおつり返せ。」と強めに言ったらやっと諦めてくれたけど。
ガイドブックにはベトナムはチップの文化は無いと書いてあり、基本嫌な気分になることはなかっただけに、ここは二度と来ないぞと思いました。

マーケットで小物をお土産にする私。今回はお土産無いなと思っていたら、空港で出会ってしまった!!

お香。ではなく、この入れ物にビビビッと。
ヒノキのような良い香りの木の筒です。
お灸のお線香入れにちょうど良いかなぁ。と、買ったその場でシールもはがしご満悦です。

絶食効果でだいぶ安定したお腹状態での帰路。
ホーチミン~名古屋便は、3個あるトイレのうち2個が占領されていて、トイレ行列が凄かった。
やはり皆さんリスクにさらされていたご様子(笑)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)