行動の変容

相変わらず、テレビを付ければコロナ、コロナ。
今年に入って緊急事態宣言で、シーズン真っ盛りなシクロクロスのレースが軒並み中止。
突然レースが無くなってショックを受けているお客様や、春以降のシーズンもレースがあるかわからず集中できないというお客様。
聞けば聞くほど、「どうなるんでしょうねぇ~」としか返せないもどかしさ。
ところが、昨日はとっても楽しそうなシクロクロッサーのご来店で、ハッとしました。

冬は関西をメインに東海・信州も取り交ぜて毎週シクロクロスに励んでいらっしゃるHさま
夏場はヒルクライムレースを走られています。
ヒルクライムは参加人数が多いので、昨年は軒並み中止。
そんな中、順調に始まったシクロクロス。これも東海は中止。関西は微妙~な状況。
当然ガッカリされてると思いきや、「今年はMTBエントリーしますよ。」と楽しそう。
MTBの登録レースは、ヒルクライムどころかロードレースと比べてもかなりエントリー数が少なく、昨年も緊急事態宣言解除後はほぼ順調に開催されていたとか。
「やるかやらないかわからないってイライラするより、可能性の高い方に切り替えて、早く準備始めた方が楽しいでしょ。」
「ほら、行動の変容って言われてるでしょ♪」

ハッとしました。
毎日同じネタを1年繰り返し続けるマスコミに感動すら覚える今日この頃(笑)
その中の「行動の変容」という言葉、私には「耳障り良い言葉で我慢を強いてるだけ。」としか理解していませんでした。
基本、皆で〇〇というのが大の苦手な偏屈なので💦
実際、鍼灸院という仕事はリモートに切り替えるわけにもいかず、必然的に日常生活を変える事は難しい。
レースの帯同はレース中止でなくなっているので、その分院を開ける日にちが増えたのが変容と言えば変容?
年に数度の東南アジア旅行も、行けれない日々が続いていて、その分も院を開けている。
開く日が増えた分、予約が取り易くなって、ちょっと喜ばれてる(笑)
これが私にできる精一杯の変容。と思っていました。

でも、そんなネガティブな仕方なしの変化でなく、どうせ変化するならポジティブに楽しくなる変化を考えれば良いんだ!!
レース帯同も東南アジアも、私にとっては大事な気分転換の時間だったので、別の気分転換の方法を探ろう!
正直、海外旅行に行けるようになる日なんて、もうかなり久しく来ないに決まってる。
だったら海外旅行の代わりに、心からリラックスできる他の方法を見つけて、楽しめば良いんだ。
なんだかとっても心が晴れやかになりました。

マスコミに踊らされないぞ。と思いながら、結局コントロールされてたっぽい、残念w

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)