東洋医学での生理物質

東洋医学では、(けつ)・津液(しんえき)が、人間の身体を構成する基本的な物質と考えます。
これらによって生命活動や、臓腑・経絡・組織・器官などの生理的機能が維持されています。

」:陰に属し、成長・発育などに必要な生命エネルギーの基本となる物質です。
生まれつき備わった「先天の」と飲食物から得る「後天の」があります。
」:唯一陽に属す 生命維持に必要なエネルギーです。
宇宙を構成する最も基本的な物質で、全ての事柄は気の運動と変化によって起こると考えられてきました。
」:陰に属し、身体の滋養分や燃料となる物質です。
津液と営という気の一部から作られ、全身を滋養します。
津液」:陰に属し、体内に正常に存在する全ての水分を言います。
」は脈管内のみですが、津液は管外にも出て組織器官を滋潤します。

陽の力を発揮する気を陽気、院の力を発揮する精・血・津液をまとめて陰液とも呼びます。
これらは臓腑・経絡などの活動と密接な関係にあり、我々の鍼灸治療はこれらのバランスを取る事で体調を整えます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)