フエ旅②

前日ほとんど眠れなかったので、たっぷり寝るぞ!と意気込んだのに早朝からすっきり目覚めてしまう。
3時間位かな?ビール飲んで(といっても1本だけ)しっかり・・・ってことでもなさそうだけど、興奮してるのかな。
あんこ男の目覚め前にシャワー。と思ったけど起こしちゃったみたい。


朝食はフエ名物ブン・ボー・フエ(辛い米粉太麺)のはずが、麺が細い。ブン・チャーじゃないの?疑惑

あんこ男は軽く自転車に乗るというので、片道1キロくらいのところにあるという、大きなスーパーまでお散歩に
ひっきりなしに手を振られ、「モトバイク」と声をかけてくるおじさん達。
「コニチハ!」に思わず振り向いたら、自分の友達が東京にいる云々・・・で「モトバイク、安いね」そう来たか(笑)
をことごとく無視。ものすごい湿気でめちゃくちゃ汗をかきながらたどり着いたスーパーというか、チープなデパート?
片っ端から見て周り、結局買ったのは・・・
焼きたてバケット・蜂蜜&ピーナッツバターの小瓶占めて250円ほど。


蜂蜜コーナーの充実っぷり。
プロポリスか何かをウコンで丸めた?健康食品がすごく気になったけど、怖くて買えなかった。
でもこれだけ充実してるなら、きっと美味しいに違いないと買った蜂蜜の美味しいこと!

練習から帰ったあんこ男と、一番大きなドンパ市場へ

東南アジアのこの風景が好き。
常にドリアン臭がするのが辛いけど。


圧巻がバナナの山。あちらこちらにあるんだけど、どれだけ消費するんだろう。
市場での昼食は超ローカルフード

左から、バイン・コアイ(海老のタピオカ米粉餅)、ブン・チャー(米粉細麺)、バイン・ウォット(米粉のクレープ)
串は上からティット・ヌオン(豚バラ肉串)、ネムルイ(豚ひき肉串)で合ってるかな?
どれも美味しくて、ビールが呑みたかったけど、まだ歩くし我慢我慢。

その後、レースの受付までさらに歩く。とにかく暑い。


帰りは自転車タクシー。
値切るのも面
倒だったので、言い値で乗ったのにホテルついたらさらにチップの要求。
いや、払えんし(笑)

夜は、海産物を食べたいと思ったけど、お店が見つけられず。
地元の人でにぎわっていた屋台で。

海老チャーハンと、米粉の汁無麺?
一口食べて・・・「カップヌードル!?」
出ました、東南アジア人大好き味の素満載なお味。
つけ合わせのにんじんピクルスと、青菜の浅漬けは美味しかったんだけどなぁ。

一日良く歩いたし、あんこ男は翌朝4時起きなので、てい鍼(刺さない鍼)であんこ男メンテナンスして就寝。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)