やっと会えた⁉

もう先週の話になってしまいましたが、去年から伺いたかったお店にやっと伺いました。
昨年、木曽福島にOpenされた、Che Koiwai
元キャッスルホテルの総料理長が、ご自身の地元で開かれたお店です。

木曽って私にとっては、観光に行くような場所でもなく(笑)
でも高速下りてから長いので、何かイベントがないと行きにくい場所💦
昨年は受験生だったので、「合格祝いに連れて行って!」
と言っていたのですが、合格後も何かとバタバタしてて。。。
イナーメで御嶽ロードレースを初開催、出展依頼が来たのでやっと!!機会に恵まれました。

ところが・・・レースは台風で土砂崩れがあり、キャンセル。
さてどうする?と思ったのですが、運転手なあんこ男が
「合格祝しないと。」とOKしてくれて、食事だけに伺うことにしました。

何といってもキャッスル総料理長のお店、お金タップリ(当社比)持って、いざ出陣!

古民家の中が、こんなモダンな感じになってます。

メニューはまさかのコース3,500円↑↑
一瞬、自分の目が信じられませんでした。
ランチは1,600円だった気が・・・これも信じられません(笑)

竹のカトラリー置が木曽らしくて素敵。
izutsuワインのコンコードを頂きましたが、izutsuらしい香りが懐かしい(笑)

お値段はとってもお値打ちなのに、ボリュームは満点。
レバームースもタップリ。
勿体ないからパン追加しようかと思ったのですが、薄味だったので、これでバランスが良いんですねぇ。
テリーヌ?ゼリー寄せ?にしょうがの香りが意外性もあり、印象深かったです。


追加でお願いしたスープは、コーンポタージュ
砂糖入れた⁉って位甘くて、びっくり。
木曽は開田高原など、ブランドになるほどのトウモロコシのメッカですもんね。

お魚は、ブリのアメリケーヌソース。
濃厚なエビの香りなのに、とってもあっさりしたソース
新感覚のアメリケーヌソースでした。

お肉は1,500円追加で、国産牛に変更できます。
もちろん美味しいのですが、これもソースにびっくり!
お醤油&大葉タップリのソースでした。

デザートも手抜き無く、全てシェフ手作り。
正直、お腹いっぱい過ぎて無理。。。と思ったのですが、食べれてしまうものです(笑)
クレームブリュレがちょっとあっさり目になっていたお陰が大きい気がします。

写真撮り忘れましたが、パンはお替り自由でした。

久しぶりにお会いした小岩井シェフは、高い高~~~いノッポな帽子を脱いで、エプロン姿
以前の「絶対的紳士」風が、「素敵なおじ様」に変身されてました。
お忙しいのに、ちょこちょことお相手してくださって、申し訳ないやら、嬉しいやら。
なんとなくあっさりしていると感じていたのは、「バターほとんど使っていない。」そうで、フレンチの重鎮でも柔軟に楽しんでお料理してらっしゃる感じが、また素敵でした。

お腹も心もいっぱいになり、あんこ男も「これだけの為に来ても良い!」と絶賛だったので、また伺いたいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)