関節治療は難しい

3回目の治療を終えた56君は、次々と状況の連絡を入れてくれています。


言葉だけでなく、動画を撮ってくれるのでとても良い勉強材料とさせて頂いています。
「え、なぜこうなる?」という動画もありますが(笑)

「右股関節が思うように動かない。」から始まった鍼治療ですが、人間は我慢強く出来ている生き物なので、本人が口にする悩み以外にも、色々不調を抱えており、一つが改善してくると他の我慢していた不調が出てきます。
本当に健康で、悩みが一つしかない方は、悩みがより細分化&具体化されて来ます。

どちらにしても、治療者はどこまで患者様の言葉を信用するかは大きな課題。

患者様が嘘を言う訳ではなく、長い間抱えている間に、不調に対して客観性が無くなってしまうという感じで、患者様はとても素直に少しでも多くの情報を与えてくださろうとしているのに、主観で情報がちょっとゆがんでしまう。施術側も無意識の思い込みでさらに歪めて聞いてしまう。という不幸な歪みが積み重なって、「ちっとも良くならない。」に繋がる事があります。
それを防ぐのに、動画は本当に大きな材料となります。

56君がそんな事を知るはずもないのですが、その辺が野性的というか(笑)
勘が鋭い彼ならではの行動かなぁ。
お陰で「筋肉が固くて動かない。」と言われた現象の原因が別にあるんじゃ?という指摘が出来、56君自身で改善してくれたりもしています。
「プロじゃなきゃ治せない。」と思ったことが、自分で治せるって凄くないですか?

でも、沢山の筋肉・骨が絡み合っている「関節」は、なかなかどうして厄介です。
少しずつ改善してはいますが、「完治」にはまだまだ。
今日も送られてきた情報で、次の治療方針を考えています。
40年以上かけて作ってきた身体のバランス、そんな簡単に治ったら面白くない!という長い目線で、でも乗鞍に向けて、私も色々チャレンジさせて頂きます。


響く鍼好き♪痛いの大好き♪な56君も前回はさすがに痛がってましたが、もっと痛い事になる日も近い!?

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)